最高の花嫁になれる東京のブライダルシェービングサロンを探せ!

HOME » はじめてのシェービング入門 » シェービングの種類と違い

シェービングの種類と違い

東京でブライダルシェービングをする際に知っておきたい基礎知識をまとめています。

2種類のシェービング方法

ウェディングシェービングは、2つに分類されます。1つはカミソリを使用する方法で、もう1つは電気シェーバーを使用する方法です。

カミソリを使用するシェービングは、消毒法も含めた理容師学科試験に合格し、シェービングの実技においても国家試験を受けて合格した理容師だけが出来る施術方法になります。
ですからカミソリを使用したシェービングは、技術者の理容師免許と、保健所から認可された場所でなければ行うことが出来ないため、きちんとした資格を有するプロによる本格派シェービングとなるわけです。

そしてもう一方の電機シェーバーを使用するものは、主にエステサロンなどで用いられているシェービング方法で、ソフトシェービングと呼ばれています。

ソフトシェービングは電機シェーバーなので、特別な技術が要求されないため、免許の必要は無いので簡単に行えるシェービングになります。

美肌効果が期待できる本格派シェービング

シェービングにカミソリを使うと、「皮膚に刃物を当てるから危ない、肌が傷付く」という、マイナスイメージを抱えている方も多いかもしれませんが、資格を持った技術者がしっかりと整備されたカミソリを使っていれば、肌の保湿・保全をしながら、産毛と古い角質のみを確実に剃ってくれるので、肌が傷つくことはまずありません。

でも、カミソリの刃を替えていなかったり、技術者のレベルによっては、何らかの肌トラブルが発生することがあるのですが、資格を持っている店舗であれば、こうしたトラブルはないので見極めが大切です。